Copyright (c) 2016 Sanwa-Biuld All Rights Reserved.

 

ページタイトル

資金計画・住宅ローン

潤沢な自己資金があれば何の不安もありませんが、そうはいかない場合が殆どです。できるかぎり頭金を用意し、借入額を抑えるように努めましょう。

住宅の本体工事以外にも電気・水道などの付帯工事費や、融資手数料・保証料・登記費用、それに各種税金など、ため息も尽きるほど出費が立て続きます。

また、建て替えの場合は仮住まいの家賃や引っ越し代も必要です。

さらに家が新しくなったら、家具家電やインテリアも一新したいのが人情です。それらの購入費もキープしておかないといけません。

とにかく、通常とは金銭感覚がマヒしてしまいます。そこは想定の範囲の予算に収めるよう、常に冷静さが必要です。

 

住宅新築に必要な総費用
 
・本体工事・・・・・建物本体に係る工事
・付帯工事・・・・・建物に付帯する各種工事
・別途工事・・・・・不確定要素による工事
 

・借入に係る費用・・・・・団信保険料や保証料・融資手数料・登記費用・

           火災地震保険料・つなぎ融資金利  etc.

・その他費用  ・・・・・・契約関係印紙代・棟上げ式費用・水道加入料

           仮住まい費用・引っ越し代・家財購入代

 

 

住宅ローンの選び方

住宅ローンには「変動金利」と「固定金利」があるのは、もうご存じですね。いずれにしてもメリットとデメリットがありますから、しっかり考慮して下さい。

 

現在人気のあるローンは、金利固定型の「フラット35」。です。

優良住宅取得支援制度の「フラット35S」なら、一定期間金利を引き下げる制度も利用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では金融機関のみならず、さまざまな企業が住宅ローンを取り扱っています。

どこで融資を受ける場合でも、年齢・年収・勤務先・勤続年数など、色々な審査をクリアする必要

があります。

中には、頭金ゼロ、さらに諸費用分もローンに組み込めるような甘い基準をうたっているところもありますが、勢い余って安易に借入金額を増やすのは考えものです。

長期の返済が待っている訳ですから、ゆとりを持って無理なく生活が営める返済計画を立てましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

          サンワビルドでは、適切な融資のご相談も無料で承わっています。

                お気軽に お問い合わせ 下さい。

 

 

住宅金融支援機構

2016年3月 フラット35の金利が史上最低金利!

フラット35の借入金利は申込時ではなく資金受取時の金利となります。金利は毎月見直しが行われています。

 

 

直近の正確な情報は 住宅金融支援機構             で、必ずご確認ください。